高齢者を守る会│高齢者が住みやすい環境へ

ケアハウスの種類や入居できる条件、入居にかかる費用や設備、サービスを調査!

ケアハウスの概要と入居できる施設の種類

ご両親や配偶者が高齢の場合、体の九合によっては介護や日常的なケアが必要になることがあるかと思います。

また単身世帯の方や家族と離れて暮らしており介助が期待できない場合など、ご家族の方が一緒に暮らしたり世話を行うのが困難な場合に、安心して生活してもらうために介護施設への入居を検討されている方も多いのではないでしょうか。

ですが一口に介護施設といっても入居費用が高額になる「有料老人ホーム」や介護保険が適用され入居費用が割安ではあるものの、入居の条件が厳しい「特別養護老人ホーム」など施設の種類や入居の条件は様々あります。

そんな数ある施設の中から今回ご紹介するのが「ケアハウス」と呼ばれている定額で入居することが可能で、個室で生活することができる経費老人ホームです。

この「ケアハウス」は地方自治体や社会福祉法人などによって運営されており、介護度の低い方でも入居の対象となっていることから非常に人気の高い介護施設となっています。

ケアハウスには主に以下の2種類の施設があります。
  • 経費老人ホームA・B型
  • 経費老人ホームC型
それでは各施設の特徴をそれぞれご紹介していきましょう。


ケアハウスの種類1:経費老人ホームA・B型

経費老人ホームA・B型は独居生活を送ることが困難な高齢者を対象にしている施設の事で所得に応じて毎月の利用金額が変わります。

経費老人ホームA型では食事の提供があり、B型の施設では自分で自炊出来る方が入居します。

またA・B型共に介護の必要な高齢者の方は入居することが出来ません。

ケアハウスの種類2:経費老人ホームC型

C型の施設の中にはさらに「一般型」と「介護型」が用意されており、どちらの施設でも食事の提供をはじめとする生活支援を受けることが出来るようになっています。

「一般型」のケアハウスには介護が不要な方、または軽度の介護が必要な方が入居対象となっており、日常生活の支援や緊急時の対応、見守りサービスを受けることが可能となっています。

また一般型の施設に入居している途中で介護が必要になった場合には、訪問介護を受けながら「要介護2」までは入居を続けることが出来るようになっています。

一方、「介護型」のケアハウスでは日常生活の支援の他に、様々な介護サービスや通院の付き添い、安否確認などのサポートを受けることが可能となっています。

一般型では介護スタッフが常駐していませんが、介護型のケアハウスにはスタッフが常駐しているので施設内で適切な介護サービスを受けることも出来ます。

スポンサードリンク



 

ケアハウスに入居するための条件や入居費用、サービス内容について

ケアハウスに入居するための条件

「一般型」のケアハウスに入居するための条件として、個人または夫婦のいずれかが60歳以上であること、「介護型」のケアハウスに入居するための条件として65歳以上で要介護認定1~2を受けていることがそれぞれ定められています。

また経費老人ホームA・B型には個人または夫婦のいずれかの年齢が60歳以上という年齢制限に加えて、さらに月額34万円以上の収入がある方は入居できないという所得制限も設けられています。

一方で経費老人ホームC型、いわゆる「ケアハウス」には所得制限は設けられていません。

ケアハウスで受けることが出来るサービスについて

一般型の施設ではA型では食事の提供があり、その他には洗濯や買い物、掃除などの日常生活サポート、各種医療機関との提携、緊急時対応などのサービスを受けることが出来るようになっています。

介護型の施設では上記のサービスに加えて、入浴や排せつなどの介助やリハビリなどの介護サービスを受けることが可能です


ケアハウスの設備について

ケアハウスでは個室の広さが単身の場合で21.6㎡以上、2人部屋の場合では31.9㎡以上と定められています。

また居室にはベッドやトイレ、小さいですがキッチンやエアコン、緊急時の通報ボタンなどが設置されています。

さらに共同の設備として食堂や浴室、入居者同士でレクリエーションなどを行うことが出来る談話室などもしっかりと用意されています。

ケアハウスによってはこれ以外にも施設内に病院やデイサービスセンターなどが併設されていることもあり、充実したサービスを受けることが出来る設備が整っています。

 

ケアハウスに入居するための費用について

ケアハウスに入居する際には、ほとんどの施設で入居一時金として保証金を納めることになります。

保証金の額は一般型の施設で約30万円前後、介護型の施設では数十万~数百万円が必要になります。

入居後にかかる毎月の費用としては家賃や食費、光熱費などの生活費と施設管理費や運営費が必要になり、一般型の施設で約5~十数万円、介護型の施設では約6~20万円前後が必要になるでしょう。

上記で算出した費用はあくまでも目安であり、施設の設備や別途外部からの介護サービスを受ける場合などは当然これよりも高額になります。

そのため、ケアハウスに入居する際には入居される方の介護が必要なレベルなどを考慮してより費用の負担が少ない施設を選ぶことも重要になるのです。

 

ケアハウスに入居する方法・手続きについて

ケアハウスに入居を希望する場合は、希望する施設に直接申込書を提出する方法が一般的です。

施設によっては申し込みを行う前に施設内の見学が可能だったり、実際に体験入所することも出来るようになっているので、申し込みを行う前には必ず施設の見学などを行うことをおススメします。

一般型の施設に入居する際には施設が用意している入居申込書や健康診断書、本人確認書類、各種収入証明書、年金証書が必要になります。

介護型の施設に入居を希望する場合は上記に加え、さらに「介護保険資格者証」も提出する必要があります。

申し込みを行う際に必要な書類に関しては施設ごとに基準が異なっていますので、申し込みを行う前に施設に問い合わせをしておくことが大切になります。

スポンサードリンク